商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

アバナフィルとは

アバナフィル(Avanafil) とは

2012年4月、「ステンドラ」という医薬品がアメリカで発売されました。
FDA(アメリカ食品医薬品局)の厳しい審査をパスして認められたED(勃起不全)の治療薬です。
1錠服用すれば、「バイアグラ」よりもはるかに早く効果を発揮して、何にも邪魔されない堂々たる勃起ができる、そのような効果を持っています。

アバナフィルとは、このステンドラの有効成分にほかなりません。

アメリカでは「バイアグラ」の有効成分シルデナフィル、「レビトラ」の有効成分バルデナフィル、「シアリス」の有効成分タダラフィルに次ぐ、“第4のED治療薬”として脚光を浴びています。

効果のメカニズムはシルデナフィルやバルデナフィル、タダラフィルと同じく「PDE5を阻害すること」であり、しかもすでに書いたように効果が現れるまでの時間が早く、また効果の持続時間がそれなりに長く、食事の影響も受けにくいという特徴を持っています。

さて、このアバナフィルという成分は具体的にはどのようなものなのでしょうか。
そして、日本ではどのようにして入手することができるのでしょうか。

アバナフィルは日本では未承認

2018年現在、日本ではステンドラをはじめ、アバナフィル有効成分とするED治療薬未承認となっています。
したがって、バイアグラやレビトラ、シアリスなどとは異なり、病院で処方してもらうことができません。

アバナフィルの効果を得るためにはステンドラを購入しなければいけませんが、そのためにはこの薬が製造・販売されている海外から取り寄せる必要があります。

現在、個人輸入代行サイトを利用することで、スムーズにステンドラを購入することができます。
輸入に関する面倒な手続きなどはすべて代行してもらうことができ、こちらは一般的な通販サイトを利用する感覚でステンドラを手に入れ、アバナフィルの効果を実感することができます。

アバナフィルの効果

アバナフィルはステンドラというED治療薬の有効成分です。
ステンドラは、他のED治療薬と同じく「PDE5阻害薬」というカテゴリに分類されます。
体内で分泌されるPDE5(5型ホスホジエステラーゼ)という酵素の活動を抑制する働きがある医薬品のことです。

PDE5は、勃起のために体内でcGMP(グアノシン一リン酸)の濃度が上昇することを防ぐ性質を持っています。
cGMP濃度が高まると下半身の血管が拡張して多量の血液がペニスに流れ込んで海綿体を膨張させ、結果的に勃起状態になりますが、PDE5が働いているうちは血管の拡張がうまくいかず、勃起機能が働きません。
ED(勃起不全)は、このようなメカニズムで起こる現象です。

そこで役立つのが、PDE5阻害薬です。
アバナフィルを有効成分とするステンドラを服用すると、アバナフィルがPDE5の働きを阻害。その効果が続く限り、PDE5には邪魔されず自由自在に勃起できるようになります。

アバナフィルの特徴として、服用後効果が発現するまでの時間が速いということが挙げられます。
服用後30~45分、早ければ15分前後で効果が現れます。
他のED治療薬と比べて、即効性が高いED治療薬といえるでしょう。

Wikipedia - Avanafil

アバナフィルの副作用

アバナフィルの副作用として現れる症状は、バイアグラやレビトラ、シアリスといった他のED治療薬と同様となっています。
具体的な症状としては頭痛や動悸、めまい、顔のほてりや発赤、目の充血、鼻づまりといった症状です。
これらの症状は毛細血管をはじめ、体中の血管がアバナフィルの作用によって拡張することによって発生します。
また、まれに現れる副作用としては、光を強く感じるようになる、視界が青く見えるなどの視界に関する異常があります。

ただし、アバナフィルはED治療薬の中でも副作用発現率が低いため、過剰な不安を持つ必要はありません。
とはいえ、副作用の発生時に体に明確な異常が現れた時や、症状に関して不安を感じた時には医師による診察を受けることをおすすめします。

Wikipedia - Avanafil

アバナフィルを含む医薬品

アバナフィルを有効成分とする医薬品には、数多くのものがあります。
先発薬のステンドラがそのひとつですが、ほかにもドラスマやアバナといったさまざまなジェネリック医薬品(後発医薬品)が製造・販売されています。
ここでは、特に先発薬のステンドラについて解説します。

ステンドラ

アバナフィルを有効成分として配合したED治療薬にステンドラがあります。
ステンドラは2012年にアメリカで発売が開始されたED治療薬で、VIVUS社が製造・販売を手がけています。

しかし、アバナフィルは最初からアメリカで開発が行われていたものではありません。
もともとは日本の製薬メーカー、田辺三菱製薬が研究開発を進めていたものでしたが、田辺三菱製薬は2001年に開発・販売権をVIVUS社に譲渡。
そのときの契約で、一部アジアを除いてはVIVUS社が開発・販売を一手に担うことになりました。
そんなステンドラは、国によって名称が異なる点が特徴です。
韓国では「Zepeeda」という名称で販売が行われており、ヨーロッパ圏では「SPEDRA」という名称で販売が行われています。

ステンドラの詳細はこちら

アバナフィルのジェネリック

アバナフィルを有効成分とする医薬品は、ステンドラ(韓国ではZepeeda、ヨーロッパではSPEDRA)だけではありません。
同じ成分を使ったジェネリック医薬品として、いくつかの薬が製造・販売されています。
ジェネリック医薬品は、別名「後発医薬品」と呼ばれるもので、ある製薬会社が製造した先発薬をもとに、別の製薬会社が同じ有効成分を使って製造するものをいいます。
先発薬に比べて価格が抑えめになっているというのが特徴です。

ドラスマ

ドラスマはインドのスマート社が製造と販売を行う、ステンドラのジェネリックです。
有効成分であるアバナフィルを1錠につき100mg含有した製品が4錠で1,800円、20錠で8,100円、40錠で12,600円ほどの価格で販売されています。
日本人スタッフを雇っているといわれるスマート社の医薬品はパッケージに日本語表記で医薬品名が書かれているのが特徴ですが、ドラスマも例外ではありません。
「アバナフィル錠100mg ドラスマ100」と日本語で表記されています。

ドラスマの詳細はこちら

アバナ

アバナは、サンライズレメディーズ社が製造・販売するステンドラのジェネリック医薬品です。
1錠につきアバナフィルが50mg含有されているもの、100mg含有されているもの、200mg含有されているものがあります。
それぞれ4錠入りのパッケージで1,500円、2,400円、5,000円程度で購入することが可能です。

アバナの詳細はこちら

アバナフィルの作用機序

アバナフィルの作用機序はバイアグラなどのED治療薬と同様のものとなっています。
経口摂取によってアバナフィルが体内に吸収されると、体内で分泌されるPDE5(5型ホスホジエステラーゼ)の活動を阻害します。
そうすると、体内でPDE5によって分解されるcGMPが正常に活動できる環境が作られます。

cGMPは体内の血管を拡張させる作用がある物質で、PDE5の活動によって分解されてしまうと、陰茎内海綿体に対して血液が流れにくくなることから、EDの症状が現れるようになります。
アバナフィルを服用した場合、体内に存在するPDE5の量が大幅に減少することから、cGMPが活動しやすい状態となります。
その結果、血管が拡張されて血液が陰茎に対し正常に流れていくようになり、陰茎が勃起しやすくなります

Wikipedia - Avanafil

アバナフィルの併用禁忌薬

アバナフィルの併用禁忌薬は他のED治療薬同様、ニトロ製剤や硝酸塩などの医薬品が該当します。
これらの医薬品は血管を拡張させ、血圧を低下させる作用がある医薬品です。
アバナフィルと併用禁忌薬を同時に使用した場合、体内で薬の効果が相互に発動、過剰に強まることによって血圧の異常低下を引き起こし、重篤な症状を引き起こす恐れがあります。
したがって、これらの医薬品はアバナフィルとの併用が禁忌となっています。

現在ニトロ製剤や硝酸塩を配合した医薬品を使用しているのであれば、注意をするようにしましょう。
また、一部の抗真菌薬HIV治療薬、C型肝炎治療薬は、併用によって効果や副作用を増大させる可能性があるため、併用禁忌薬に指定されています。

Wikipedia - Avanafil

アバナフィルの併用注意薬

アバナフィルとの併用に注意すべきとされているものとして、以下のものが挙げられます。

  • ・アルコール製剤、もしくはアルコール飲料
  • ・カフェイン

また、グレープフルーツに含まれる成分が効果を強めてしまう可能性があります。
グレープフルーツジュースで飲んだりしないよう注意する必要があるといえるでしょう。

Wikipedia - Avanafil

最近閲覧した商品