商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

アリピプラゾールとは

アリピプラゾール(Aripiprazole)とは

アリピプラゾールは、統合失調症双極性障害における躁状態の治療を目的に開発された抗精神病薬です。日本では2006年に「エビリファイ」という商品名で承認され、それ以降、多くの医療機関で取り扱われています。

「非定型抗精神病薬」に分類され、セロトニンやドーパミンといったさまざまな神経伝達物質に作用することで冒頭に挙げたような病気を治療します。定型抗精神病薬に比べて効果が得られやすく、また副作用が少ないことから、定型抗精神病薬が体に合わないという方におすすめといえます。

しかしその一方で、使用後に何かしらの副作用が現れる可能性がある点に注意する必要があります。数日で自然に解消される軽度な症状もあれば、決して軽視できない重篤な副作用も確認されています。
副作用のリスクを少しでも減らすために、用法用量を守って正しく使用することを心がけましょう。

アリピプラゾールの効果

アリピプラゾールは、主に統合失調症を治療する目的で使用される抗精神病薬です。統合失調症は心の病気のひとつであり、脳内で分泌される神経伝達物質が何らかの異常をきたすことで起こります。

「感情を表現しにくい」「思考がまとまらない」というのがメインの症状で、場合によっては現実に存在しないものが見える(幻覚)、存在しない人の声がどこからとなく聞こえてくる(幻聴)といった症状を引き起こすこともあります。

アリピプラゾールは神経伝達物質のはたらきを正常に整えることにより、上記のような症状を改善します。
また、うつ病や双極性障害における躁状態に効果を発揮するのもポイントです。喜びや快感に関与している神経伝達物質のドーパミンに作用し、そのはたらきを増強することでうつ症状を改善します。

そのほか、現在は小児の自閉症やアスペルガー症候群など「小児期自閉スペクトラム症」を治療する目的で用いられることもあります。ただし、この場合は第一選択薬として用いられるのではなく、ほかの治療薬で十分な効果を得られない際のサポート薬として使用します。

このように、適応症が幅広いアリピプラゾールの特徴として、効果の現れ方が緩やかなことが挙げられます。
そのため、ほかの抗精神病薬に比べて副作用を招くリスクが少なく、安全性に優れています。

KEGG - アリピプラゾール

非定型抗精神病薬とは

抗精神病薬は「定型抗精神病薬」、そしてそのあとに開発された「非定型抗精神病薬」の2種類に分けることができます。アリピプラゾールは非定型抗精神病薬に分類される医薬品であり、そのほかにもリスパダールジプレキサジオドンなどが代表的な医薬品として挙げられます。

非定型抗精神病薬の大きな特徴として、ドーパミンやセロトニンなどさまざまな神経伝達物質に作用する点が挙げられます。従来の定型抗精神病薬は、ドーパミンのみに作用することで幻覚や幻聴といった「陽性症状」を治療します。しかしその一方で、感情の欠落や意欲の低下といった「陰性症状」を引き起こすリスクが高いというデメリットもあります。

一方、非定型抗精神病薬はドーパミンだけでなくセロトニンやそのほかの神経伝達物質にも幅広く作用し、それによって陽性症状も陰性症状もまとめて治療することが可能です。

アリピプラゾールの副作用

非定型抗精神病薬に分類されるアリピプラゾールは、従来の定型抗精神病薬に比べて副作用のリスクが少ないという特徴があります。しかし、副作用が現れる可能性がまったくないわけではなく、また極稀に重篤な副作用が発症するケースも確認されています。アリピプラゾールの使用によって万が一副作用が現れてもすぐ対処できるように、どのような症状が報告されているのかを知っておきましょう。

軽度な副作用として手足のふるえ、アカシジア(落ち着きをなくし、じっとできなくなる)、頭痛、めまい、吐き気などが挙げられます。ただし、これらの症状はいずれも有効成分のはたらきによって生じるものであり、ある意味、発症しても仕方のないものといえます。

また、抗精神病薬の代表的な副作用として、体重増加も挙げられます。抗精神病薬には食欲を増進させる効果があり、それによって太るケースが少なくありません。その結果、肥満体型になる、さらには動脈硬化や脂質異常症(高脂血症)といった合併症を招くといった事態に陥る可能性があるので要注意です。

一方、重篤な副作用として昏睡や意識障害、悪性症候群といった症状も報告されています。
これらの症状は発症頻度が極めて低いので心配しすぎる必要はありませんが、万が一疑わしい初期症状が見られる場合は、すぐさま医療機関で診察を受けるようにしましょう。

KEGG - アリピプラゾール

アリピプラゾールを含む医薬品

アリピプラゾールは副作用がいくつか確認されているものの、そのほとんどが数日で自然に治まる軽度な症状です。それよりも得られる効果のほうが大きく、特に統合失調症に悩む方にとっては欠かすことのできない治療薬のひとつといえるでしょう。国内ではアリピプラゾールを含有する抗精神病薬として、エビリファイが多くの医療機関で用いられています。

エビリファイ

エビリファイは大塚製薬が製造・販売する抗精神病薬であり、主に統合失調症やうつ病、双極性障害における躁状態を治療する際に用います。

決められた用量で毎日経口投与することで効果を発揮する内服タイプの錠剤であり、その外見的な特徴として微赤白色の円形であることが挙げられます。服用することで神経伝達物質に作用し、幻覚や幻聴、抑うつ気分といった精神の不調による症状を改善します。

ただし、治療する症状によって用法用量が異なる点に注意する必要があります。たとえば統合失調症を治療する場合なら、1日6~12mgを1~2回に分けて服用します。
その後、適宜増減して1日6~24mgを1~2回に分けて服用。増量する場合は医師の指示を仰いだうえで、1日の上限量である30mgを超えて使用しないようにしましょう。

一方、双極性障害における躁状態の改善を目的とする場合は、1日1回、12~24mgを服用します。
治療する症状にあわせて用法用量を確認したうえで、正しく使用することが大切です。

アリピプラゾールのジェネリック

アリピプラゾールを有効成分として含有する医薬品の中には、ジェネリック医薬品にカテゴライズされるものもあります。新薬(先発薬)エビリファイの後に続いて開発された医薬品です。ここでは、代表的なジェネリックとして「アリップMT」「アリピゾル」を紹介します。

アリップMT

アリップMTは、インドの製薬会社であるトレントファーマ社が開発した抗精神病薬です。新薬であるエビリファイと同様に、有効成分アリピプラゾールのはたらきによって幻覚や幻聴といった陽性症状、意欲の低下や気分の落ち込みといった陰性症状を改善します。

効果が緩やかに現れることから副作用が少なく、ほかの抗精神病薬に比べて体にかかる負担を軽減したうえで治療できるというメリットがあります。
また、アリップMTはお薬110番で購入が可能です。
価格相場は、1錠につきアリピプラゾールを5mg含有する「5mg錠」の場合、100錠1セットで3,000円程度、「15mg錠」は100錠1セットで5,400円程度となっています。

アリップMTの詳細はこちら

アリピゾル

アリピゾルはエビリファイのジェネリック医薬品で、世界150ヶ国以上に市場を広げているインド有数の製薬会社、サンファーマ社が開発しました。

エビリファイと同じくアリピプラゾールを有効成分として含有することから、ドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質に作用して心の不調を改善します。
通販での購入が可能で、価格相場は「5mg錠」が100錠1セットで3,300円ほど、「15mg錠」が100錠1セットで7,200円ほどです。

アリピプラゾールの作用機序

私たちが感情を豊かに表現したり前向きな考え方をしたりするために、ドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質が働いています。しかし、強いストレスなどが原因で、そのはたらきが異常をきたしてしまうことがあります。その結果、日常生活に支障が出るほどの心の病気、統合失調症やうつ病を引き起こします。アリピプラゾールは、このようにして発症する心の病気を治療するのに効果を発揮します。

神経伝達物質が機能するためには、それぞれが受容体と結びつく必要があります。アリピプラゾールは、ドーパミン受容体に作用することでドーパミンの脳内濃度を適切な値に調節し、神経伝達物質の乱れを改善します。また、同時にセロトニン受容体にも作用します。

セロトニンのはたらきを部分的に、あるいは完全に遮断することによってドーパミンのはたらきを強めます。その結果、不安定な精神状態が改善され、意欲が向上します。従来の定型抗精神病薬はドーパミン受容体のみに作用することから、統合失調症の陽性症状を改善できる一方で、副作用として陰性症状が現れやすいというデメリットがありました。

それに比べてアリピプラゾールを含む非定型抗精神病薬は、ドーパミン受容体やセロトニン受容体など幅広く作用するので副作用が少なく、また陽性症状と陰性症状のいずれについても効果を発揮するのが強みです。

アリピプラゾールの併用禁忌薬

アリピプラゾールには「併用禁忌薬」に指定されている医薬品があります。具体的には、喘息治療薬である「ボスミン」が挙げられます。有効成分のアドレナリンが気管支を拡張して喘息を治療する医薬品ですが、アリピプラゾールと併用することでアドレナリンの作用が悪く働くおそれがあります。

その結果、急激に血圧を下げてしまうリスクが高まるほか、場合によっては命に関わる事態に陥りかねません。併用は絶対にしないように注意しましょう。

KEGG - アリピプラゾール

アリピプラゾールの併用注意薬

アリピプラゾールには、併用禁忌薬のほかに、「併用注意薬」に指定されている医薬品もあります。併用注意薬は併用することが可能ですが、その際は医師の適切な判断を仰いだうえで慎重に扱わなければいけません。

たとえば、バルビツール酸系睡眠薬麻酔薬など、中枢神経に作用する医薬品が挙げられます。併用することによって、中枢神経を抑制するはたらきが強まるおそれがあります。
また、高血圧の治療に用いる降圧剤も要注意です。相互作用によって降圧作用が強くはたらき、急激に血圧が低下するおそれがあります。

KEGG - アリピプラゾール

最近閲覧した商品